0

FASHION 2018.01.20

Vetements Fall/Winter 2018 Collection

2min

1年ぶりにランウェイ復活

昨年、ファッションウィークから無期限で撤退することを明らかにし、2018年春夏コレクションはショー形式ではなく ”No Show” と題したイベントを開催した Vetements (ヴェトモン) が再びランウェイにカムバックし、2018年秋冬コレクションを発表した。

同コレクションは、以前 Demna Gvasalia (デムナ・ヴァザリア) が WWD のインタビューで語ったようにオーバーサイズは身を潜めた。裏返しで着用し見返しと裏地、ネームを見せたジャケットやコート。印象的なショルダーパターン。アーティスティックなグラフィックを配した Tシャツやシャツ。デザートカモ、ウッドランドカモ、タイガーカモにダメージ加工やワッペンを配したパンツやコート。定番となっている Levi’s (リーバイス) とのコラボレーション。お得意のビッグシルエット MA-1 ジャケットなど、ハイライトは挙げればキリがないほどある。

考え抜かれたレイヤードスタイル (重ね着)、徹底したスカーフ使いなど、ヴァザリアらしいスタイリングも多く見られたコレクションだった。


Photos: Vogue





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 0 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS

関連記事

エディ・スリマン CÉLINE のディレクターに就任
Helly Hansen x FULL-BK によるコラボが登場