15

FASHION 2018.06.07

NIKE x OFF-WHITE™ “Football, Mon Amour” Collection

3min

“FOOTBALL, MON AMOUR”


Kim Jones (キム・ジョーンズ) の後任 として Louis Vuitton (ルイ・ヴィトン) メンズコレクションのアーティスティック・ディレクターに就任した OFF-WHITE™ (オフホワイト) を手掛ける Virgil Abloh (ヴァージル・アブロー) と NIKE (ナイキ) による Mercurial Vapor 360 (マーキュリアル ヴェイパー 360) が今年4月にリリースされ話題となったが、それに続く “Football, Mon Amour” と題されたフットボールコレクションが間もなく登場する。

NIKE Mercurial Vapor 360 x Virgil Abloh デザインに迫る

同コレクションは、アブローが高校時代にヒップホップを聴きながらサッカーの試合に向かった若い頃の思い出と、遊び心を持ちながらブランドのロゴをミックスする、という彼らしい表現を融合したものなっている。大胆でありながら、ニュアンスを秘めた視覚的表現で溢れているアブローのコレクションは、彼の本能から生まれている。

アブローは次のように話す。

フットボールの表現方法や歴史の素晴らしいところは、フットボールらしさというものが美的にも存在することです。私は、ヨーロッパのチームのユニフォームにおいて、胸の部分に常にスポンサーのロゴがプリントされているという点にインスピレーションを受けました。また、今回のコレクションを作るにあたり、様々な文字の表現が使われている点も特筆したいと思いました。

更に、コレクションで使われている全ての数字は、アブローが実際にプレーしていた時につけていた過去の背番号が使われている。白と黒のチェッカーボード柄のジャージは、アイコニックなチェコ代表のユニフォームを参考にしている。また、ライオンがドットで遊んでいるかのようなチームのロゴは、普遍的である紋章に敬意を表しながら、ボールを蹴るのに最適な足の部位を表示するという、最も基本的な表現をドットパターンで組み合わせたものとなっている。

コレクションの起点となった、アブローが手がけたフライニット ズーム フライは、彼が作ったマーキュリアルと関連性を持たせている。

プレイヤーがボールを蹴る場所を、なんらかの方法で伝えたいと思いました。そこで、シューズの上にドットをあしらったのです。ボールを蹴る時に、目と足の連動をうまくできるかということが成否に関わってきます。そういった思いから、このコレクションが始まっています。このランニングシューズはピッチで履くシューズに寄せて作っているので、このシューズを履くことで無意識のうちにトレーニングができます。このシューズを起点として今回のコレクションをデザインしました。

NIKE x OFF-WHITE™ “Football, Mon Amour” コレクションは、6月14日より、Nike.com/NikeLab、NikeLab MA5、Dover Street Market Ginza (ドーバーストリートマーケット銀座) 及び、一部の販売店でリリース予定となっている。

NIKE.COM/NIKELAB

尚、フルルックブック及び、ムービーは下記でご確認を。


お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 15 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS

関連記事

初となるカタカナ表記を採用した「アトモス 原宿2号店」オープン
size? Exclusive Nike Air Max 95 “Safari”