11

FASHION 2018.11.16

NIKE が推進するプログラム ISPA とは?

3min

Nike React LW WR Mid ISPA
RELEASED ON 2018.11.21


NIKE (ナイキ) のフットウェアデザインは、最初は一人のランナーからはじまり、アスリートの問題を解決することを常に前提としてきた。スポーツの複雑さや動きに関する考察を深め、理解を重ね、年を追うごとに新しいパフォーマンス・ソリューションが生まれている。

Nike Sportswear (ナイキ スポーツウェア) のスペシャルプロジェクトの担当者が指揮をとる ISPA というプログラムは、アスリートの声を活かすという信条を、ナイキの今までの経験にひねりを入れながら実現している。例えば、短距離の新記録を樹立するために新しく課題を分析するよりも、人工的な環境と人とシューズの関係性をより良くすることにフォーカスしている。ISPA のフットウェア デザイナーのシャミーズ・エイデンは次のように話している。

毎日5キロから8キロの距離を通勤している人を調査し、彼らに使われるべきものを作っています。

例えば、観察を続けることにより、既存の競技用モデルのパーツを組み合わせ、寒さや雨をはねのけることができる軽量なシューズを作り出せる可能性もある。一見シンプルに見えますが、この作業はデザイナーが一つ一つの素材やシューズの土台、適したパーツを正確に知り尽くしているかどうかによって成否が決まる。

ナイキ スポーツウェアのシニア フットウェア クリエイティブ ディレクターのネイサン・ホーブは次のように述べている。

最初から、これらのシューズの特性は、私たちが解決しようとする問題によって形作られることになる、と考えていました。それが繰り返しのテーマになっています。 私たちは、ナイキが作り出すリアクト クッショニングのような最新のイノベーションや、美しくてテクニカルな素材を活用しながら、まだ解決していないと感じる答えを導き出します。

ISPA の4つの指針は、初めての ISPA ブランド製品である、Nike React LW WR MID ISPA (ナイキ リアクト LW WR MID ISPA) にも反映されている。この製品は耐水性のブーティを、Nike React Element 87 (ナイキ リアクト エレメント 87) のソールの上に組み合わせたものとなる。それぞれのパーツを見ても意図が理解しやすく、無駄なものは何もない。

ISPA デザイン イノベーション リードのダリル・マシューズは次のように話している。

シンプルに作られたシューズであることが魅力なのです。プロダクトを探求した過程が、その美しさに明確に現れています。アッパーには、防水性の ACG ハイキングブーツの内布と防水ライナーを使っています。さらに、パタ ーンや製造方法についても、防水性の製品を作るようにデザインされています。最終的に、このシューズの大きな特徴として、足を守るという特性が見えてきました。

もう一つ、チームが理解していることは、人工的な環境は常に変化するということ。現在、ソリューションとして役立っているものも、5年先には違うかもしれない。ただ、そうなっても常に変化する、という理解の上で、それはそれで良いのだと考えている。

Nike React LW WR MID ISPA
¥18,900 (税込)


Nike React LW WR MID ISPA は、11月21日より、NIKELAB MA5、DSM GINZA 及び、一部の販売店で発売予定となる。

お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 11 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

RELATED POSTS

関連記事

THE NORTH FACE Summit Series Exhibition 2018 開催
Nike Air Force 1 Hi VIP “Black” 登場