0

FASHION 2018.03.20

「さぁ、いっしょに走り出そう」NIKE 最新フィルムの撮影秘話

3min

ムービーの舞台裏を表す数字

NIKE (ナイキ) は、Run (ラン) をテーマにした最新フィルム「さあ、いっしょに走りだそう」を公開した。同フィルムは、地球の自転が止まったらどうなるのか?という昔からの疑問に思いを馳せている。バスケットボール界のレジェンド Kobe Bryant (コービー・ブライアント)、科学者の Bill Nye (ビル・ナイ)、短距離選手の Ge Manqi (ゲー・マンチ/葛曼棋)、体操の Simone Biles (シモーヌ・バイルズ) などがこの疑問にユニークに応える。

エリートアスリートをはじめ、俳優、何百人ものエキストラの組み合わせにより、撮影のスケジュールは混乱した。例えば、出演した科学者のナイは、地球を実際に動かすために、平均的な人が必要な運動量の計算結果を正しく確認するため、一度だけでなく、何度か撮影に遅刻。また、短距離選手のマンチは並外れたスピードで走ったために、彼女を撮影するためのドローンを追い越してしまい、必要なイメージが撮影できず撮り直すことになった。撮影で起こったユニークな出来事はこれだけではない。いくつかの数字と共にご紹介。


“2”

昼間の撮影でもしっかりと演じてもらえるように、5日間トレーニングしたハムスターの数。理由は、ハムスターが夜行性ランナーだから。

“4”

バスケットボール選手の Giannis Antetokounmpo (ヤニス・アデトクンポ) のシーンのために作った壁の数。フェンスを打ち破るシーンで、アデトクンポは練習用に1枚、そして本番では3枚全部を使って、念入りに撮影を行った。

“5”

コービーのシーンを完璧に仕上げるため繰り返し行った撮影の回数。コービーは、引き裂いて脱ぐことができる何百もの小さな留め金のついたスーツを着ていた。撮影の間に留め金を全部閉じ直す作業には、二人掛かりで約6分かかった。

“6”

スタジオに用意した蝶ネクタイの数。休憩中に、即席で蝶ネクタイの締め方教室も開催した。

“15”

フットボール選手の Edinson Roberto Cavani (エディンソン・カバーニ) の撮影のために、パリの通りを通行止めにした一回あたりの時間 (分)。毎回、15分撮影した後に、人々が横断できるように通行止めを解除し、撮影の合間にカバーニはおよそ100人のファンからのサインのリクエストに応えた。

“32”

ナイが指につけて、地球を歩くようにして見せた手書きの3Dプリントのナイキリアクトの制作に要した時間。

“6453”

主人公の家の住所。(携帯電話などの) キーボードで N-I-K-E のそれぞれの文字に相当するボタンの数字がこの番号になる。また、これを逆にすると、伝説のランナー Steve Prefontaine (スティーブ・プリフォンテーン) の1マイルのベストタイムを1/10秒まで表示した “3:54:6” になる。


さらに、ナイキでは東京をはじめとし、ロサンゼルス、パリ、プエノスアイレスなどの各都市で、4月22日にバーチャルとデジタルの世界を連動させたランイベントを行う予定となっている。

お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77

NIKE.com/Running





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 0 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

End Clothing US

RELATED POSTS

関連記事

Stone Island Alligator Camo Collection
VANS “Checkerboard” Slide-On Collection