21

FASHION 2018.10.11

飛ぶ準備はOK? Air Jordan 33 遂に登場

5min

RELEASED ON
11.2 (FRI)


ジョーダンファンお待ちかねの最新モデル Air Jordan 33 (エア ジョーダン 33) が、来月満を持して遂に登場する。同モデルは、最高の快適さと機能性、スタイルを備えたバスケットボールシューズを実現するための NIKE (ナイキ) のファストフィットテクノロジーを搭載した革新的なモデルとなっている。

マイケル・ジョーダンは、エア ジョーダン 33 について下記のように述べている。

今年発売のゲーム用シューズ、エア ジョーダン 33 に、初めてファストフィットテクノロジーを採用しています。より高く飛べるようアスリートのために、足とシューズの一体感、究極のロックダウンを提供します。エア ジョーダンのゲーム用シューズは、誕生した当初から誇りを持っています。アスリートの意見を大事にし、最新のイノベーションを取り入れ、見まごうことないジョーダンらしいシルエットを作ってきました。そのバランスの良さもあり、このゲーム用シューズのシリーズはスポーツの中でもスタイルの面でも革新を実現してきました。

ファストフィットテクノロジーの採用で、エア ジョーダン 33 もまたジョ ーダンらしく仕上がった。例えば、1985年以来マイケル・ジョーダンのシグネチャーラインにはエアが象徴的な役割を果たしているが、それが不可欠な存在となったのは、1988年のティンカー・ハットフィールドが手がけたエア ジョーダン 3 以降と言える。そのシューズにおいて、エアがビジブルになり、それにより (88年のダンクコンテストでフリースローラインから飛び上がった時など) マイケル・ジョーダンが空中を飛ぶ姿にさらにオーラが加わった。

ジョーダン ブランドのデザイン担当ヴァイスプレジデントのデヴィッド・クリーチは次のように述べている。

ジョーダンの DNA の中には、常に「飛ぶ」という要素が含まれています。実用性を重視した宇宙服のデザインをインスピレーションにしながらエア ジョーダン 33 を作りました。宇宙服のように、このシューズも機能を発揮するために作られた、目に見えるテクノロジーを特徴としていますが、それが同時にスタイルの重要な要素にもなっているのです。

AIR JORDAN 33
DESIGN SKETCH


エア ジョーダン 33 は、これまでと異なる美の基準を取り入れることで、ジョーダンシリーズの伝統である、ビジブルなテクノロジーを盛り込んだデザインを進化させている。ファストフィットはシューレースの役割を抑え、コートで動き回る足をしっかりとシューズに固定させる新しいシステムを提案する。

前足部のストラップを引いて
AJ33 のファストフィットを動作する

ファストフィットテクノロジーの仕組み

  • シュータンと踵のループで足が入れやすくなっています
  • フィットを締めるシステムは、前足部のストラップを一度引いてケーブルを動かすことで、全方向から足をシューズに固定 (ロックダウン) させます
  • サイドループを引くとシステムが解除されケーブルが緩みます

上記は、ゲームの間にも簡単に繰り返すことが可能となる。休憩の時には緩め、プレーが始まれば引き締めるなど、デザイナーのテイト・カービスが「引っ張って GO」と呼ぶ、履き心地の変化を実現している。これは、エア ジョーダン 33 は単に構造が新しくなっただけに止まらない本質的な変化をも象徴している。

ファストフィットテクノロジーを用いることで、デザインの中にアートとサイエンス (技術と芸術) のバランスを取り入れることができました。宇宙服の外見と機能を参考にしました。全て実用的であり、それぞれの要素と機能が明確にわかる。これがファストフィットを締める時に引くコード、緩める時のコードやその仕組みを考えるきっかけとなりました。また、機能と外見、そしてグラフィックとの調和を図ろうとする思いにも繋がっています。

と、カービスは述べている。

エア ジョーダン 30 以降の全てのジョーダンと同様、エア ジョーダン 33 も過去のデザインの微細な要素を生かしている。フィットを調整するシステムのウィンドウ部分は、かつてのエアのウインドウを模しており、かかとのタブの Nike Air は、AJ3、4、5、6 を彷彿とさせている。特に大きめのシュータンは、ジャンプマンロゴの配置には最適で、これは AJ3 でハットフィールドが初めてこのロゴを使った時も同様である。

ジョーダン ブランドフットウエア VP のジェントリー・ハンフリーは下記のように語っている。

ジョーダンの奥深くに存在する DNA とデザインイノベーションを融合させることによって、コートの中と外の両面でしっかりと主張を持つシ ューズが出来上がりました。

エア ジョーダン 33 の裏部分には、ジョーダン ブランドのフライトスピ ード・テクノロジーの最新版 (現在、Nike Zoom Vaporfly 4% のカーボンプレートと同じ方法で作られています) と、ナイキ ズーム エアユニットが用いられている。アーチの下部分の丸くくり抜いた部分には、ファストフィットの仕組み、つまり緩んだりしまったりする様子が見られる。エア ジョーダン 33 に用いられる、フライトスピード、ズームエア、ファストフィットの各システムの組み合わせは、ジョーダン ブランドがバスケットボールフットウエアの進化に取り組み続けている努力の現れである。

Air Jordan 33 PF
¥21,600 (税込)
Size: 25 – 31, 32 ㎝

エア ジョーダン 33 は、11月2日より、NIKE.COM 及び、一部の NIKE/JORDAN 販売店で発売予定となっている。

Air Jordan 33 Mock-Up


お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
TEL: 0120-6453-77





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 21 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

RELATED POSTS

関連記事

Patta x NIKE “Publicity, Publicity, Wohooooow!” Collection
THE NORTH FACE レザーの様な質感の GORE-TEX 新素材を使用したウェアが登場