6

FASHION 2018.08.24

Woolrich より 日本企画のニューコレクションが登場

3min

WOOLRICH OUTDOOR COLLECTION


Woolrich John Rich & Bros. Fall/Winter 2018 Collection

先日、2018年秋冬コレクションのルックブックや GRIFFIN (グリフィン) とのコラボレーションを発表したばかりのウールリッチより、コンテンポラリーな解釈で提案する新たな日本企画のアウトドアコレクションが登場。

1830年、アメリカ東海岸ペンシルベニア北部に、毛織工場として誕生して以来、実用的なワークウエア製造でアメリカ経済とともに成長し、最も伝統的なアウトドアブランドとして今日まで続くその歴史に、妥協のない機能性と高感度で現代的なデザインが加わる。ファーストシーズンとなる2018年は、アラスカでのパイプライン作業における耐寒ウエアとして開発され、今ではブランドアイコンとしてウールリッチを代表するアイテムとなったアークティックパーカや、同じく1960 – 70年代を代表するプロダクト、パフ ィーダウンパーカなどのヘリテイジモデルを機能的なアウトドア視点で再構築している。

Superior GORE-TEX Arctic Down Parka
¥118,800 (税込)

フラッグシップモデルとなるスーペリアアークティックパーカは、アウトドアアパレルの特徴でもある「環境変化への適応性能」の中でも堅牢性と保温性の最大化に挑戦。高耐久200デニールナイロン GORE-TEX® (ゴアテックス®) ファブリックを使用し、貴重な資源である天然ダウンの保温性能を最大限に活かすため、遠赤外線効果を持つ「光電子」ファイバーを加え、さらに降雨や発汗といった「かさ高」の減少を招く水濡れ対策として、衣服内外温度差による結露が発生しやすい外層部分には撥水性の高い合繊中綿プリマロフトを、身体側にはダウンを配した2層構造を採用。更に、コールドスポットとダウン抜けを最小化する為に、袋状に織られた特殊な裏地にダウンを封入している。表素材の撥水加工には自然環境への影響が懸念される有機フッ素化合物である PFC を使用せず、衿元のファーには世界市場をリードする高度な日本の植毛技術を活用して開発した Fur Free Fur を採用している。

GORE-TEX Mountain Down Parka
¥84,240 (税込)

マウンテンダウンパーカは、70デニールのナイロン GORE-TEX® 使用することで高い運動性と耐久性の高次元での融合を目指した主力ダウンモデル。最適化されたダウン封入量と腕まわりの運動量を確保する事であらゆるシーンでストレスなく着用を続けられる。GORE-TEX® 素材共通の撥水加工は有機フッ素化合物である PFC を使用していない。

Windstopper Puffy Down Parka
¥74,520 (税込)

パフィーダウンパーカは、40デニールの軽量なリップストップ WINDSTOPPER® (ウインドストッパー®) ファブリックを使用する事で、水濡れによるダウンのロフト減少を防ぎながら、長時間の使用を想定した柔らかな着用感を実現。ブランドを代表するオーセンティックなデザインに、日常的な都市生活でも有効に機能する革新性と、地球環境の持続可能な発展性を兼ね備えた、次世代に向けた新しいアパレル提案により、多くの人々をアウトドアへ誘い、自然に向き合う事で新しい発見や価値観を産みだす機会を創出す。


ウールリッチ アウトドア コレクションは、9月中旬より、各取扱店舗にて発売予定となっている。

お問い合わせ先
Woolrich カスタマーサービス
TEL: 0120-566-120

woolrich.jp


PR

この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 6 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

RELATED POSTS

関連記事

フライニットを纏った Nike Zoom Vaporfly 4% 登場
GUESS x atmos World Tour Collection