4

FASHION 2019.04.02

Air Jordan 1 Skateboard Collection

3min

SKATEBOARD CULTURE


Jordan Brand (ジョーダンブランド) より、スケートボードカルチャーの歴史の一部である Air Jordan 1 (エア ジョーダン 1) を祝福したコレクションが登場する。

1985年に発売されたバスケットボールシューズの名作 Air Jordan 1 は、シグネチャーシューズに関するすべての常識に疑問を投げかけるものだった。カラー (ルールに従順というわけでもないものも含む)、大胆なアチチュード、そしてアスリート、全てが NIKE (ナイキ) のみならずスポーツシューズ業界全体に激震を与えた。その後、エア ジョーダンは、スケートボードシューズのアイコンとして予想外の足跡を残すこととなった。

Air Jordan 1 High OG
“Defiant”
¥18,900 (税込)

Air Jordan 1 High OG
“Defiant”
¥18,900 (税込)

高めのカットとエアクッショニングは当時のバート・スケーターたち (バーチカル ランプを使用するスケーター) に適していた。また、カラーバリエーションの豊富さもストリートスケートのカルチャーを形成しつつあったスケートボーダーのグループには魅力的だった。1987年にランス・マウンテンのビデオの中で、彼の足元にこのシューズが登場したことが、スケートボーダーのクラシックシューズとしての Air Jordan 1 の地位を確立したとも言える。それ以来、このシューズそのものが着用されていない時でも、これが新しいシューズのインスピレーションとなることが度々あった。

Air Jordan 1 Low
¥12,960 (税込)






Air Jordan 1 Low
¥12,960 (税込)

Air Jordan 1 Low
¥12,960 (税込)

ジョーダン ブランドと NIKE SB (ナイキ SB) は、2014年に初めて Air Jordan 1 とのコラボレーションを行った。そして最新作、The Ones x Skateboarding は、Air Jordan 1 のローとハイを使った様々なデザインに仕上がっている。その中でも特筆的なのは、ジョーダン ブランドとスケートボードカルチャーのそれぞれの歴史にとって重要な意味を持つ場所であるシカゴ、ロサンゼルス、ニューヨークとパリを題材にした、NIKE SB コラボレーションの中の2つの Air Jordan 1 High だ。Air Jordan 1 x NIKE SB の両方のカラーは、年月を重ねるとともに美しく、使い込むほどにゴージャスな下地が見えていくようなデザインになっている。






Air Jordan 1 Low は4月、Air Jordan 1 High OG “Defiant は、5月25日より、NIKE.COM/SNKRS 及び、一部の NIKE/JORDAN 販売店にて発売予定となる。

お問い合わせ先
NIKE カスタマーサービス
Phone: 0120-6453-77





この記事が気に入ったらシェアしよう!

  • twitter
  • LINEで送る
お気に入りボタン 4 Shares

この記事が気に入ったらいいねしよう!

RELATED POSTS

関連記事

ナイキジャパンがスケートパーク Nike SB dojo をオープン
ラブレス青山にて The Fabulous Sounds Outfitters Pop-Up Store 開催